フォトフェイシャルが自宅で出来る?セルフ美顔

様々な美容グッズが溢れている現代。美顔グッズもたくさん販売されていますね。なかなか本格的なものもあり、自宅でフォトフェイシャルが出来る機器もある事をご存知でしたか?普段のスキンケアにとり入れてみたいと興味がある人も多そうです。
フォトフェイシャルと言えばエステサロンなどでも受ける事ができますね。
市販のフォトフェイシャルと、エステで行うフォトフェイシャルはどう違うのでしょうか。比較していきましょう。

エステのフォトフェイシャルと比較

市販 エステ
価格 約70.000円 1回約10.000円
効果 質力が弱く、効果を感じづらい。即効性は無い 1回で効果を実感。約4回目程で肌悩みが改善してくる
手軽さ 自分で出来るため、サロンに出向く必要がなく手軽 サロンに出向く必要がある。
確実性 自分でケアするため、ムラができる可能性がある。 プロのエステティシャンが施術するため、確実度は高い

価格

価格は市販の美顔器ですと約70.000円です。まあまあの値段ですね。エステは1回の施術料金は約10.000円です。ですからエステの7回分の施術で市販の機器を購入する事が出来るということですね。7回以上のケアをするなら断然市販が安くなっています。

効果

価格は安い市販の美顔器ですが、市販のものは誰でも安全に使えるように設定されているので、光の質力がとても弱く効果の感じ方も個人差がかなりあるようです。使用している人は半年以上の使用で効果がまったく見られない人もいれば、少し肌の状態が良くなったと実感できる人もいます。ともあれ、市販の機器で劇的に肌悩みが改善される事はなさそうな感じです。エステの場合は市販のものに比べて質力が強いので、1回の施術でもお肌の変化に気づく事が出来ます。ただし、フォトフェイシャルは継続が必要な施術であり、肌悩みが完全されたとはっきり実感するまではある程度の施術回数を重ねなければいけません。平均して4回。エステサロンなどではフォトフェイシャル6回コースなどが用意されています。

手軽さ

市販の機器の場合はサロンに出向く必要がなく、いつでもケアする事が可能なため
サロンを予約したりする手間も省けるので手軽です。エステの場合はお店に直接出向く必要があるため、移動手段の事を考えたりする必要がある場合もあります。エステではベッドなどに横になっているだけで良いですが、セルフの場合は照射の角度に気をつけたりしながら努力する必要があります。

確実性

エステでは当然のことながらプロのエステティシャンが施術してくれます。光の当て漏れや光の強弱の選択など、プロに安心して任せる事が出来るので施術の確実度は高いでしょう。自分でやらなくてはいけない市販機器は光のあてムラも出来やすくなります。コツをつかむまでが大変かもしれません。

このように、市販のものはいつでも気軽にフォトフェイシャルが出来る半面、その効果の実感度にかなりバラつきがあるようです。また「いつでもできる」という気持ちで怠惰になり、使わず放置・・というパターンもある事も覚えておきましょう。
エステの場合はお店に出向く手間こそ掛かりますが、効果の実感度は市販のものと比べて高いです。
高い効果を求めるのであれなエステが良いですし、セルフで少しづつ頑張りながらケアがしたい人は市販のものでも良いと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加